攻撃力 対 防御力   

ゲームでは、キャラクターの攻撃力や防御力が数値化されるけど、自分の攻撃力と防御力を考えたことあるかな。

ここで言う、攻撃力と防御力は対人関係のこと。

攻撃とは、相手への説得力、発言力、論破力など

防御とは、言い負かされない力、強い言葉に耐える力、言葉を見極める力など

ネット社会は攻撃力と親和性がいいと思う。

真実か嘘か、どうでもいい。

強く、何度も言い続ければ、それだけで信じられてしまう。

ネット社会では、「◯◯と思うよ…」ではダメなの

「◯◯なのだ」と断定して言い切らないと。

間違っていようが、いまいが、言ったもん勝ちだから。

また、強い攻撃力に憧れる人が多いよね。

声が大きくはっきり言うだけで自信があるように見えてしまう。

事実、こういう人の意見は会議で通りやすいんだ。

たいがい、しょうもない意見だけどね。

そして、攻撃力=コミュニケーション能力と勘違いしている人もいる。

いつも言うけど、聞く力=コミュニケーション能力だから。

攻撃力が高い人が防御力も高いとは限らない。

どちらかと言えば、攻撃力が高い人は防御力が弱いんじゃないかな。

防御できないから、より攻撃ばかりする。

批判して論破しての繰り返し。

攻撃されたら、すぐ退散。

反対に防御力が高い人は、強いよ。

芯が強くないと防御力は高くならないから。

鈍感力も必要だから。

強い人とは防御力の高い人のことだから。

お父さんは防御力の高い人に憧れる。

お母さんの好きな宝塚歌劇団の雪組公演「壬生義士伝」で男役トップスター望海風斗さんのセリフで「誠実さを武器に、謙虚さを格好良さに」というのがあったの。

まさに、防御力の高い人の話なの。

とかく攻撃力の高い人が目立ち、ちやほやされがちだけど、磨くのは防御力の方だから。

目指してほしいのは、 攻撃力 < 防御力

チャラついた攻撃力をアピールする人は、楽しくおもしろいところがあるけど、仲間になるのは 攻撃力 < 防御力 の人だよ。

カテゴリー: 人間関係 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。