ケチ

「ケチな男」と思われたら、いいことない。

これ、お父さんの持論。

お金を使うことに過敏。

金額に過敏。

何事も、お金に換算。

こんなところが、ケチな人の特徴かな。

例えば、飲み会のシチュエーションで、それぞれの特徴をイメージしてみると。

精算時、会計を率先してやるヤツがいるの。

きっちりとワリカンした時に発生する端数の円を切り上げて、何百円か自分の支払いを少なくする、涙ぐましい努力をする。

精算時、必ず金額に対して「高い」「安い」とコメントするヤツがいるの。

いつも、お金の費用対効果ばかり考えて、生活しているんだろうね。

しかも、そんなヤツは、自分基準の物差しで費用対効果を測っているから、いつも「高い!」って言ってる。

飲み物を頼んだ時、「コンビニで買えば、いくらだよ」とか、子供がするような比較をするヤツがいるんだよね。

自分の都合で、モノをお金に換算するんだ。

ところが、場所やサービスのコトについては、換算しようとしない、自己チュー脳。

いない?

こんなヤツ。

お金を使いたくなければ、飲み会に来なければいいんだけど、ワリカンが前提だと、はりきって飲み物や食べ物をオーダーしたりするんだ、笑。

それで、会計の時に、悲しさと&ふてくされのミックス顔で、お金をだすの。

正直、こんな感じのケチは、つまらないヤツばっかり。

「お金を使いたくない」が優先順位の一番だから、お金を使う場では、居心地が悪そうで、楽しんでいないのがわかるんだ。

そして、ここが大事だけど、ケチの特徴をコンプリートしていた学生時代の知人で、今、お金を持っているヤツは、一人もいない。

そのうえ、人も寄ってこない。

ケチは現在だけでなく、将来に影響するから。

ケチは、血液の流れを悪くして合併症を引き起こす糖尿病のように、負の連鎖を起こすから、こわいよー。

例えば、合併症の一つに、「時間に気前がいい」症候群があるの。

少しでも安く手に入れようと、探したり、並んだり。

時間に対しては、大盤振る舞いするんだよね。

お金と同じく、時間も有限だとわかっていないんだ。

そして、ケチは治療の難しい病なんだよね。

だから、心当たりがあるなら、根気よく、少しづつ、まずは「ケチと思われない」努力からするべきだと思う。

「羽振りよく思われる」必要はない、「ケチと思われない」だけでいいから。

ケチと思われないようにするには、

「平然と何も言わずにスッと」お金を支払う。

これだけ。

これで、ケチと思われない。

簡単そうなことだけど、平然とお金を支払う人は、思っているより少ないよ。

そして、手際良くお金をだせる姿はカッコいい。

お父さんは、支払い方にも「美学」があると思っているもの。

「人からどう思われようが、気にしない、関係ない」なんて言う人は、嘘っぽいよね。

だって、誰もが、人とのつながりで生きているんだもの。

ケチな性質は、嫌われると言うより、成長を邪魔するんだよね。

だから、ケチは、タチが悪いと思っているんだ。

勘違いすると困るから、付け加えると「ケチ」と「倹約」は、違うから。

お父さんは、戦略的に「倹約」できる人に、憧れる。

特に自分の快楽的なことには倹約できて、他者にお金を使える人はすごいと思う。

こういう人は、メリハリのあるお金の使い方ができるから、起業しても成功する確率が高いよね。

「ケチ」とは反対の「気前のいい」人って、見ていて気持ちがいいけど、度が過ぎる気前のよさは、心配になってしまう。

「無理してそう」って。

「自分の払うべきものを、淡々ときれいに支払う」

これくらいが、いいと思う。

カテゴリー: お金 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。