生まれた時に考えたこと

太郎が生まれた時、太郎がどんな人になってもらいたいか考えたんだ。

魅力的で、慕われるて、頼りにされて、ユーモアがあって…。

これからも書いていくけど、お父さんは、お金の力を否定していない。

ところが、お金だけあっても幸せな人生を過ごせないのも事実なんだ。

みんなに好かれて、お金もついてくる。

そんな、欲張りなことを考えたの。

そんな人って、どんな人なんだろう。

お父さんなりに考えた結果、4つの性質にたどり着いた。

「強い意志」

「誠実」

「素直」

「明確な思考」

「強い意志」

誰でも、どんなことでも、おもったり願ったりできるけど、そのおもいを続けることが大切だし、一番難しい。

いろいろな能力の中で、やり続ける能力が一番すごいと思うね。

「誠実」

相手へのおもい。気遣い。

自分を犠牲にするのではなく、相手に敬意をもって、礼儀正しく接してほしい。

「礼儀は鎧」と言われるくらい、礼儀正しくふるまいは自分を守ってくれるんだ。

「素直」

誠実は相手に、素直は自分自身に向けて。

素直という言葉は子供っぽいけど、礼儀正しい行いと同じで素直に行動した結果、自分を守ってくれることがあるんだ。

テレビで武田鉄矢が「過去の自分が最大の応援者」って言っていたけど、本当にそう思うよ。

「明確な思考」

なりたい自分をイメージして、戦略的に生きてもらいたい。

誠実や素直は、いい人になる性質で、それ自体とても立派なことだけど、向上心を持って戦略的になれば、鬼が金棒ふりまわす無敵状態だよね。

この4つの性質に順列はないし、4つ全部そなえることもない。

というか、4つの性質全部がそなわっている人って、相当すごい人だよね。

本当のところ、4つのうち1つだけでも、身についてほしいと思って、太郎とは接してきたつもりだけどね。

こんな期待を太郎にしたお父さん自身は、どの性質も中途半端だと思っている。

しかし、意識しながら過ごすことで、少しづつでも向上すると信じてる。

そして、死ぬ寸前まで向上したいと思って生きることは、カッコいいと思うんだ。

いつか読んでてくれるだろう、太郎へ。

カテゴリー: 生き方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。